Microsoft Imagine サブスクリプション契約
Direct サブスクリプション

改訂 : 2016 年 6 月

本 Microsoft Imagine サブスクリプション契約 ( 以下「本契約」といいます ) は、お客様と Microsoft Corporation ( またはお客様の所在地に応じた関連会社。以下「マイクロソフト」または「当社」といいます ) の間で締結される契約書です。本契約の内容を注意深くお読みください。本契約は、お客様による Microsoft Imagine Direct サブスクリプション ( 以下「サブスクリプション」といいます ) の利用および使用に適用されます。本契約の適用対象には、サブスクリプションを通じて受け取る場合がある競技、開発者用ツール、オンライン ラーニング、ソフトウェア、メディア、コンテンツ、マテリアル、サービス、更新プログラム、追加ソフトウェア、インターネット ベースのサービス、プロモーション、サポート サービス ( 以下「サブスクリプション特典」といいます ) の利用および使用も含まれます。ただし、サブスクリプション特典に別途の条項が付属している場合は、当該条項が適用されます。お客様は、 [ 同意する ] ボタン、 [ 登録 ] ボタン、チェックボックス、もしくはその他の同等の機能を有するコントロールをクリックしてサブスクリプションに登録することにより、またはサブスクリプション特典を使用または利用することにより、本契約の契約条件に同意することを認めます。同意されない場合は、サブスクリプションへの登録、サブスクリプションのライセンス認証、またはサブスクリプション特典の利用を行わないでください。この契約条件は、複製が自動的に保存されないため、内容をお読みのうえ、記録のために印刷して複製を保存してください。

  1. 本契約において、「お客様」とは教育機関の学生または教師を意味します。「教育機関」とは、登録している学生を指導する目的に限り組織および運営されており、所在地域内の適切な公認教育認可機関により認可されている法人を意味します。「学生」とは、 (a) 有効なサブスクリプションおよびそのサブスクリプションに関連付けられた Microsoft アカウントの保有者で、 (b) ( 法人ではなく ) 個人であり、かつ (c) 定時制または全日制に現在登録しており、履修単位、認定、または学位につながる教育機関のコースに出席する、名前登録済みの指定サブスクライバーを意味します。「教師」とは、学生向けにコースを指導または促進するため、または教育機関を代表して非商業的な研究を行うために非常勤または常勤で雇用された教職員を意味します。教師に提供されるサブスクリプション特典は、学生のコース学習、学術研究、または当該コース学習もしくは学術研究と関連する学生プロジェクトのサポートのみを目的として提供されるもので、個々の教師の個人的使用または利益のために提供されるものではありません。サブスクリプションは、教育機関の贈与に関するポリシーを含む、教育機関への無償のサービスに関して適用される法令に従って使用しなければなりません。かかる法令またはポリシーと矛盾または不整合がある場合、使用を停止しなければなりません。サブスクリプションに登録する前に、サブスクリプションについて所属する機関の倫理担当役員と話し合い、所属する機関の贈与に関するポリシーを確実に遵守してください。マイクロソフトは、サブスクリプション特典について、教育機関から対価の支払いを受ける一切の権利を放棄します。

  2. サブスクリプションにより、お客様は Microsoft Imagine ポータル (www.imagine.microsoft.com) を通じて提供される Microsoft Imagine コミュニティおよび関連する一定のサブスクリプション特典を利用することができます。一定のサブスクリプション特典については、当該特典を利用するために 1 年に 1 回、お客様の適格性の検証が必要になる場合があります。お客様のサブスクリプションが終了すると、お客様は一定のサブスクリプション特典、新たなライセンス認証またはプロダクト キーを利用できなくなります。ただし、お客様は本契約の条項に従うことを条件として、お客様がサブスクリプション期間中に取得したソフトウェアの使用を続けることができます。

  3. マイクロソフトは、サブスクリプション特典を含む、サブスクリプションまたは本契約のいかなる側面も随時変更する権利を留保します。かかる更新は、 Microsoft Imagine ポータル (www.imagine.microsoft.com) への投稿、電子メールでの通知、ログイン時の表示、またはその他の合理的な手段を通じてお知らせすることができます。少なくとも 30 日に 1 回、サブスクリプション ポータルにアクセスし、変更通知がないか確認してください。お客様は、変更の発効後にサブスクリプションを使用した場合、新しい条項に同意されたものとします。新しい条項に同意されない場合、お客様はサブスクリプションの使用を中止し、サブスクリプションを終了しなければなりません。中止しない場合、新しい条項がお客様に適用されます。

  4. お客様は、サブスクリプションにより、お客様の教育もしくは指導、非商業的な研究、または上記を目的としたソフトウェア アプリケーションの設計、開発、テスト、およびデモンストレーションを行う取り組みのサポートを明示的に意図している一定のサブスクリプション特典を利用できるようになります。サブスクリプション特典はお客様個人に対するものであり、お客様が当該特典を譲渡、販売、共有、サブライセンス、移管、またはレンタルすることはできません。お客様によるサブスクリプション特典の利用および使用には、本契約の条項および特定の特典限定の別途の条項が適用されます。ほとんどのサブスクリプション特典を利用するには、最新の有効なサブスクリプションを有していなければなりません。

      1. お客様がサブスクリプション特典として提供されるソフトウェア、クラウド サービス、または開発者用ツールをインストールおよび使用するには、クリックスルー ライセンス条項などの、当該ソフトウェア、サービス、またはツールと共に提供される別途のライセンス条項に従う必要があります。ただし、本契約で規定される当該条項への変更を除きます。お客様は、特定の製品エンド ユーザー ライセンスで許可されている場合に限り、仮想環境でこれらのサブスクリプション特典を使用することができます。お客様は、もちろん、当該ソフトウェア、クラウド サービス、または開発者用ツールを使用して、いかなる形式の悪意のあるソフトウェアもスパムウェアも開発することはできません。
      2. 一定のソフトウェアでは、ライセンス認証を求められる場合があります。ライセンス認証を求められた場合、お客様はサブスクリプションに関連付けられている地域内でソフトウェアのライセンス認証を行わなければなりません。
      3. 一定のソフトウェアのインストールおよび本ソフトウェアへのアクセスには、プロダクト キーが必要な場合があります。ソフトウェアによっては、提供されるキーの数が異なる場合があります。お客様に割り当てられたあらゆるキーの使用に関する責任は、お客様が負うものとします。お客様がキーを譲渡、販売、共有、サブライセンス、移管、またはレンタルすることはできません。キーの使用状況は監視されています。マイクロソフトは、キーまたはライセンス認証に関連して疑わしい活動を検出した場合、お客様に通知したり何らかの義務を負ったりすることなく、お客様のサブスクリプションまたはソフトウェアへのアクセスを停止または解除する権利を留保します。マイクロソフトは、活動が疑わしいかどうかを、独自の裁量により判断する権利を留保します。マイクロソフトは、お客様のサブスクリプションの終了時に、お客様のキーを無効にするか、またはその他の方法でお客様のキーを制限することができます。無効になったキーでソフトウェアのライセンス認証を行うことはできません。お客様は、偽造、海賊版、ライセンス未取得、または違法ソフトウェアの無許諾の製造、複製、配送、販売、譲渡、または使用に関与またはこれらの行為を幇助してはならず、その他のいかなる方法でもマイクロソフトの知的財産権を侵害してはなりません。お客様は、偽造、海賊版、またはその他の知的財産権の侵害の疑いがあることを認識した場合にはマイクロソフトにその旨を適時に報告し、かかる活動の調査においてマイクロソフトおよびその関連会社と妥当な範囲で協力します。お客様は、サブスクリプション特典を使用して、サービス ( ホスティング、 Web 仲介、統合、外部委託開発など ) を第三者に提供することはできません。
      4. ソフトウェアには、第三者のコードが含まれることがあります。ソフトウェアからリンクまたは参照されている第三者のスクリプトまたはコードは、マイクロソフトではなく、かかるコードを所有する第三者からお客様にライセンスされます。第三者のコードの注意事項がある場合は、お客様への参考情報としてのみ含まれます。サブスクリプションに含まれるソフトウェアは、ライセンスされるものであり、販売されるものではありません。マイクロソフトは、黙示、禁反言、またはその他によるかを問わず、マイクロソフトが明示的に付与していない、ソフトウェアに対するすべての権利を留保します。
    1. とんどのイベント、競技、コンテスト、またはその他のプロモーションには通常、その参加に関する別途の契約条件があります。お客様が参加するには、当該契約条件に同意しなければなりません。
    2. 客様がサブスクリプション特典を使用して開発したソフトウェア アプリケーション ( 以下「アプリ」といいます ) を公開することを選択された場合、この特典を利用するために、 https://dev.windows.com/ でプロモーション コードを入力して開発者アカウントを作成し、特定のアプリ ストアに関連付けられた適用される契約条件すべてに同意する必要があります。
    3. ブスクリプションにより、お客様は第三者の製品、サービス、 Web サイト、リンク、コンテンツ、マテリアル、ゲーム、またはアプリケーションを利用または取得することができる場合があります。かかる第三者は、お客様にプライバシー ポリシーを提示するか、または第三者のアプリ、サービス、もしくはその他の提供物をインストールまたは使用する前に追加の使用条件に同意するよう求めることがあります。お客様は、第三者の提供物を取得または使用する前に、追加の条件およびプライバシー ポリシーを確認してください。第三者の追加の条件によって、本契約の条項が変更されることはありません。第三者との取引については、お客様が責任を負うものとします。マイクロソフトは、第三者の提供物の一部として知的財産権をお客様にライセンスすることはなく、第三者からお客様に提供される情報またはお客様から第三者に提供される情報について責任を負いません。
    4. フトウェアに含まれていない、または随時提示されることがあるその他のサブスクリプション特典には、別途の条項が適用される場合があります。
  5. 一定のサブスクリプション特典、またはサブスクリプションに関連してお客様が使用するマイクロソフトの Web サイトでは、お客様が生成したコンテンツ ( 以下「お客様のコンテンツ」といいます ) を保存または共有したり、他のユーザーからマテリアルを受け取ったりすることができる場合があります。当社は、お客様のコンテンツの所有権を主張しません。お客様のコンテンツは、引き続きお客様のものであり、お客様が責任を負うものとします。お客様は、著作権を含む、他のユーザーの権利を尊重する責任も負います。著作権の詳細については、 (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=799165) をご参照ください。お客様は、サブスクリプションを通じて、またはマイクロソフトの Web サイトでお客様のコンテンツを共有した場合、お客様のコンテンツをアップロード、保存、または共有するために必要なすべての権利および許可を有している ( および今後も有する ) こと、ならびにかかるアップロード、保存、または共有が Microsoft サービス規約 (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=530144) および使用条件 (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=206977) に準拠していることを表明し保証します。

  6. サブスクリプション特典の使用の条件として、お客様は、違法な目的、または本契約、条件、および通知により禁止されている目的のためにサブスクリプション特典を使用しないものとします。お客様は、マイクロソフトのサーバーもしくはマイクロソフトのサーバーに接続されたネットワークに損傷、使用不能、過負荷、もしくは障害をもたらすような方法で、または第三者によるサブスクリプション特典の使用を妨害するような方法で、サブスクリプション特典を使用することはできません。お客様は、ハッキング、パスワード マイニング、またはその他の手段を使用して、サブスクリプション特典、他のアカウント、またはマイクロソフトのサーバーもしくはサブスクリプション特典に接続しているコンピューター システムもしくはネットワークに対して不正なアクセスを試みることはできません。お客様は、サブスクリプション特典において意図的に提供されていない手段により、マテリアルまたは情報を取得したり、かかる取得を試みたりすることはできません。

    サブスクリプション特典および関連 Web サイトには、電子メール サービス、掲示板サービス、チャット エリア、フォーラム、コミュニティ、個人 Web ページ、予定表、フォト アルバム、ファイル キャビネット、またはその他お客様と第三者とのコミュニケーションを可能にするためのメッセージまたはコミュニケーション機能 ( 以下「 コミュニケーション サービス 」といいます ) が含まれていることがあります。お客様は、正当な、 ( そして該当する場合には ) 当該コミュニケーション サービスに関連する、メッセージおよびマテリアルの投稿および送受信のためにのみ、コミュニケーション サービスを使用するものとします。お客様は、コミュニケーション サービスの使用にあたり、たとえば以下の行為 ( これらに限定されません ) を行わないことに同意します。

    • 調査、コンテスト、ピラミッド スキーム ( マルチ商法またはねずみ講 ) 、チェーン レター、迷惑メール、スパム送信、または重複的もしくは未承諾のメッセージ ( 商業目的の有無を問わない ) に関連してコミュニケーション サービスを使用すること。
    • 他者に対して中傷、虐待、嫌がらせ、ストーカー行為、脅迫を行う、またはその他の方法で法的権利 ( プライバシー権、肖像権など ) を侵害すること。
    • 不適切、低俗、有害、中傷的、わいせつ、下品または違法な話題、名称、マテリアル、または情報を公表、投稿、アップロード、頒布、または伝播すること。
    • お客様が権利を所有もしくは管理するか、または必要な同意をすべて得ている場合を除き、著作権法もしくは商標法 ( またはプライバシー権もしくは肖像権 ) を含む ( ただしこれらに限定されません ) 知的財産権関連法により保護されている、画像、写真、ソフトウェアその他のマテリアルを含むファイルをアップロードまたはその他の方法で利用可能にすること。
    • コミュニケーション サービスを通じて提供されるマテリアルまたは情報 ( 画像または写真を含みます ) を、第三者の著作権、商標権、特許権、営業秘密権その他の財産権を侵害するような方法で使用すること。
    • ウイルス、トロイの木馬、ワーム、タイム ボム、ランサムウェア、キャンセルボットを含むファイル、破損したファイル、一般的なマルウェア、または他者のコンピューターもしくは財産の運用を害する可能性のある他の類似のソフトウェアまたはプログラムをアップロードすること。
    • 該当するコミュニケーション サービスにおいて明確に許容されている場合を除き、商品またはサービスの宣伝を行い、または商業目的でこれらの販売もしくは購入を申し込むこと。
    • コミュニケーション サービスの他のユーザーが投稿したファイルについて、その複製、表示、実演、または頒布が違法であることを知っている、または合理的に知っているはずのものをダウンロードすること。
    • アップロードされたファイルに含まれるソフトウェアその他のマテリアルについて、著作者の帰属、法律上その他の適切な表示、原作もしくはソースの所有権に関する表示もしくはラベルなどの著作権管理情報を改ざんもしくは削除すること。
    • 他のユーザーがコミュニケーション サービスを使用および享受することを制限または阻害すること。
    • 特定のコミュニケーション サービスに適用される場合がある倫理規定その他のガイドラインに違反すること。
    • 電子メール アドレスなどの他者の情報を獲得し、またはその他の方法で収集すること。
    • 適用される法令に違反すること。
    • 他者を欺く目的で身元を偽装すること。
    • サブスクリプション特典のユーザーもしくはその他のユーザーの名簿、使用に関する情報、またはそれらの一部を使用、ダウンロードもしくはその他の方法でコピーすること、またはそれらをいずれかの個人もしくは法人に対して有償と無償とを問わず提供すること。

    マイクロソフトは、コミュニケーション サービスを監視する義務を負いません。ただし、マイクロソフトは、コミュニケーション サービスに投稿されたマテリアルを確認し、その単独の裁量によりマテリアルを削除する権利を留保します。

    マイクロソフトは適用される法令、法的な手続き、または政府の要請に対応するために必要と考える情報を随時開示し、また、その単独の裁量により、情報またはマテリアルの全部または一部を編集し、投稿を拒否し、またはそれらを削除する権利を留保します。

    コミュニケーション サービスにおいてお客様自身に関する個人情報および機密情報を提供する場合は、常に十分注意してください。

    マイクロソフトは、コミュニケーション サービスにおいて提供されるコンテンツ、メッセージ、または情報を管理または推奨するものではありません。また、マイクロソフトは、コミュニケーション サービスに関して一切責任を負いません。また、コミュニケーション サービスの管理者およびホストは、マイクロソフトの見解を代弁する権限を有しておらず、その見解は必ずしもマイクロソフトの見解を反映するものではありません。

    コミュニケーション サービスにアップロードされたマテリアルには、その使用、複製、または伝播に関する制限が適用される場合があります。お客様がかかるマテリアルをダウンロードする場合、お客様はそれらの制限を遵守する責任を負います。

  7. お客様は、サブスクリプションに登録する、またはサブスクリプション特典を利用することにより、法律上契約を締結できること、およびお客様の所在地において「成人」の年齢に達しているか、保護者または法定後見人から本契約の条項に拘束されることについて有効な同意を得ていることを当社に対して表明します。自分が所在地において成人の年齢に達しているかどうかわからない場合、または本条の内容を理解できない場合、 Microsoft アカウントを作成する、またはサブスクリプションに登録する前に、お客様の保護者または法定後見人に協力を求めてください。お客様は、 Microsoft アカウントを作成する、またはサブスクリプションに登録する未成年者の保護者または法定後見人である場合、かかる未成年者に代わって本契約に同意し、かかる未成年者のアカウントが現在開設されているか後で作成されるかにかかわらず、サブスクリプションおよびサブスクリプション特典のあらゆる使用に責任を負います。

  8. マイクロソフトは、サブスクリプションの提供にあたり、お客様に関する一定の情報を収集します。また、マイクロソフトは、お客様のコンピューター、お客様によるサブスクリプションの使用状況、およびサブスクリプションのパフォーマンスに関する情報を自動的にアップロードすることがあります。マイクロソフトは、 Microsoft のプライバシーに関する声明 (https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=521839) に規定されているとおり、かかる情報を使用および保護します。お客様は、 Microsoft Imagine にサインアップすることにより、マイクロソフトおよびその系列企業が、 Microsoft Imagine (Microsoft Imagine プログラムを通じて無償で学生に提供されるソフトウェア、サービス、コンテンツ、およびリソースを含みます ) についての情報を記載した、プログラムに関する電子メールおよび毎月の学生向けニュースレター ( 利用可能な場合 ) をお客様に送信できることに同意します。 Microsoft Imagine のプログラムに関する電子メールを今後受け取ることを希望されない場合、プログラムのメンバーシップを解除しなければなりません。マイクロソフトの他のコミュニケーションについて連絡先を設定するには、プロモーショナル コミュニケーション マネージャー (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=243191) にアクセスしてください。お客様のサブスクリプションの使用について重要な情報をお知らせする際は、お客様の Microsoft アカウントに関連付けられている電子メールに通知を送信することがあります。

  9. お客様が本契約の第 1 条に定義しているサブスクリプションの適格性基準を満たすことができなくなった場合、 1 年に 1 回適格性を検証する必要がある一定のサブスクリプション特典の利用は、更新しないことが確定した日をもって解除されます。 ただし、マイクロソフトは、本契約の重大な違反が判明した場合、お客様への通知の有無にかかわらず、お客様のサブスクリプションまたはお客様によるサブスクリプション特典の利用 ( ソフトウェアに関連するすべての使用権および本契約の第 2 条で付与されている権利を含みます ) をいつでも解除することができます。

  10. サポート サービスがサブスクリプションの一環として提供される場合、かかるサービスには別途の条項が適用されることがあります。サブスクリプションの一環として提供されるサポート サービスは、お客様によるサブスクリプションの使用をサポートする目的にのみ使用しなければなりません。通常、サブスクリプションに基づいて提供されるソフトウェアおよびその他のサービスは現状有姿のまま提供され、マイクロソフトはそれらのサポート サービスを提供しません。

  11. 本契約、ならびにお客様が使用するサブスクリプション特典に関する条項 ( お客様のサブスクリプションに関連して使用することがあるマイクロソフトの他の Web サイトおよびサービスの別途の条項を含みます ) は、サブスクリプションについてのお客様とマイクロソフトとの間の完全なる合意です。

  12. 抵触法に関わらず、本契約の解釈および契約違反への主張は、米国ワシントン州法に準拠するものとします。その他の申し立て ( 消費者保護法、不正競争防止法、および不法行為に基づくものを含みますが、これらに限定されません ) については、お客様が所在する地域または国の法令に準拠します。

    お客様は、お客様に適用される法令で除外できないことが規定されている一定の権利を有する場合があります。本契約のいかなる規定も、これらの法的な権利には影響を及ぼしません。

  13. 本契約は、一定の法的な権利を規定します。お客様は、サブスクリプションおよびサブスクリプション特典に関連してお客様に適用される法令に基づいて他の権利を有する場合があります。本契約がお客様の法的な権利と矛盾しているように思われる場合でも、お客様の国の法令がその法令に基づくお客様の権利の変更を許容しない場合は、かかる権利は変更されません。「適用される法令に従って」と規定している場合、この意味で使用しています。

  14. 適用される法令に従って、マイクロソフトは、サブスクリプションおよびサブスクリプションを通じて入手できるソフトウェアを、提供しうる形で現状有姿のまま瑕疵を問わない条件で提供します。サブスクリプションおよびソフトウェアの使用に伴う危険は、お客様の負担とします。当社は、ソフトウェアまたはその他のサブスクリプション特典の適切性、信頼性、可用性、もしくは適切性、またはお客様がソフトウェアを安全に中断やエラーなく利用できることを保証しません。マイクロソフトは、明示的な瑕疵担保責任または保証責任を一切負いません。当社は、サブスクリプションおよびソフトウェアに関して、商品性、特定目的に対する適合性、職人的努力、権原、権利侵害の不存在の保証などのあらゆる黙示の保証を含め、いかなる保証も一切行いません。本契約では変更できないお客様の地域の法令による追加の消費者の権利または法定保証が存在する場合があります。本項は、ソフトウェアに付属するライセンス条項において提供される明示の保証に代わって適用されます。かかるすべての明示の保証は除外されます。

    オーストラリア限定。オーストラリアに居住しているお客様は、オーストラリア消費者法に基づく法定保証を有し、本契約の条項は、それらの権利に影響を与えることを意図するものではありません。

  15. マイクロソフトおよびそのサプライヤーの責任は、 5.00 米ドルを上限とする直接損害に限定されます。その他の損害 ( 結果的損害、逸失利益、特別損害、間接損害、および付随的損害を含みますがこれらに限定されません ) に関しては、一切責任を負いません。 この制限は、本契約に関連したすべての事項に適用されます。この制限は、マイクロソフトが損害の可能性を認識していたか、または認識し得た場合にも適用されます。また、一部の国では付随的損害および結果的損害の免責、または責任の制限が認められないため、上記の制限事項が適用されない場合があります。いかなる規定も当社の過失または不当表示に起因する死亡または身体傷害に対する当社の責任を除外または制限することはありません。

    Microsoft Imagine についてご質問がある場合、またはサポートが必要な場合は、 (https://imagine.microsoft.com/Support) をご参照ください。

    最寄りのマイクロソフトの拠点については、 (http://www.microsoft.com/worldwide) をご参照ください。